短期高収入バイト!?JAXA募集の人工衛星と交信で日給3万円

jaxa-job

JAXA(宇宙航空研究開発機構)はアルバイト情報サイト「タウンワーク」で、人工衛星に関するJAXAの研究をサポートするアルバイトスタッフを募集しています。

仕事の内容として、人工衛星の管制技術に関するJAXAの研究に体験モニターとして参加するというもので、具体的には、JAXA職員による講義を受講したあとに、小型衛星「SDS-4」と交信などを行い、レポートにまとめる必要があります。

JAXAでは、「誰もが人工衛星を利用できる時代に備え、人工衛星の運用を支える技術向上や一般化を目的に、人間工学の観点でJAXAと東京理科大学が行っている研究」としており、「誰にでも分りやすい衛星技術を目指す研究のため、特別な知識がなくでもご参加頂けます」だということです。

また、「JAXA施設で貴重な体験ができ、近年注目を集める小型人工衛星の研究や運用に関わることで、今後の宇宙技術発展に貢献出来る貴重な仕事」とアピールしています。

募集は3月9日7時までとなっており、募集はタウンワークのウェブサイトより専用応募フォームから応募後、1次選考を経てメールで2次選考が実施される予定です。

興味のある方は、応募してみてはいかがでしょうか。

【宇宙バイト】宇宙技術の発展に貢献!
人工衛星に関するJAXAの研究をサポートするお仕事です。

スポンサーリンク

募集内容

勤務地 JAXA筑波宇宙センター
勤務期間 1日以内
採用予定人数 10名※各日程ごと2~3名
待遇・福利厚生 日給3万円、交通費規定支給、軽食支給
交通費支給 全国どこからでも交通費を支給します!
事前に経路を確認させて頂き、規定に従ってご自宅からの交通費を支給させて頂きます。
宿泊について 実施日の集合に際し、前泊の必要がある場合、宿泊施設をご用意します。
注意事項 バイトで知り得た機密事項を漏洩することは禁止されております。

SDS-4

JAXAが開発した小型実証衛星(SDS:Small Demonstration Satellite)です。

大型衛星に比べて低コスト・短期間で開発でき、また打ち上げ機会が確保しやすいこともあり、様々な技術の実証・実験をタイムリーに進めることができるほか、設計から運用までの一連業務を若手職員が行うことで人材育成の場としても活用されています。

SDS-4は、2012年5月18日に、H-IIAロケット21号機により第一期水循環変動観測衛星「しずく」の相乗りで打ち上げられました。

小型実証衛星4型(SDS-4)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です