続々:ネットワークハードディスク「LS420D」シリーズを設定

ls420d-poweroff

ネットワークハードディスク、NASを購入しました。購入したのは「BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402」という製品です。

前回は共有フォルダを作成しています。我が家ではWindowsPCからのみ共有フォルダへアクセスできれば問題ないので、SMBのみ有効にしました。

続:ネットワークハードディスク「LS420D」シリーズを設定
ネットワークハードディスク、NASを購入しました。購入したのは「BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402」という製品です。 前回はネットワークとRAIDの設定を変更しました。RAIDは「RAID 1」ミラーリング設定を行...

今回は、時刻を正確な時間に合わせる機能と、夜間に電源を切り朝に電源を自動に入れる電源管理機能の設定を行います。

スポンサーリンク

「LS420D0402」の時刻・電源設定

設定はWebブラウザから行うようになっています。

時刻設定は購入時の状態で有効になっていますが、ネットワーク設定によっては正常に動作しません。

まずは時刻設定から開始

「LS420D」へ設定したIPアドレスにブラウザでアクセスすると、設定画面が表示されます。詳細設定から「ネットワーク」の「IPアドレス」を開きます。

「LS420D」に設定しているIPアドレスが表示されます。今回はDHCPを無効にし手動手固定IPアドレスを割り当てているために、「デフォルトゲートウェイ」と「DNSサーバー」が設定されていません。

「変更する」からネットワーク構成にあわせて、設定を行ってください。

ls420d-30

購入時の状態で、時刻を正確な時間に合わせる機能は有効になっていますが、確認をしておきます。次に詳細設定画面、左メニューの「管理」から「名称/時刻/言語」を開きます。

また、先ほどのネットワーク設定が正しいか確認するために、「アップデート」を押すとインターネットに接続できているかが確認できます。

「時刻」を開き、「NTP機能」が「有効」になっていることを確認してください。NTPサーバーは編集することが可能なので、必要あれば「編集」から変更してください。

時刻設定はこれで完了となります。

ls420d-32

電源管理機能の設定

「LS420D」には電源管理機能が搭載されており、指定時刻に電源の入り切りが出来るようになっているため、無駄な電力使用を抑えることが可能です。

詳細設定画面左メニューの「管理」から「スリープタイマー」を開きます。

スケジュールは3つ登録できるようになっているので、平日と土曜、日曜と言った個別の設定が可能です。画面例であれば、毎日朝9時に電源が入り、夜2時に電源を切る、という運用になります。

もちろん、電源が切れたとしても手動で電源を再度入れることは可能です。

以上で電源の設定も完了です。

ls420d-34

ここまでのまとめ

今回も特に迷うことなく設定は完了しました。

ネットワークディスク、NASも消耗品です。あまり過信はせずに使用する予定ですが、もう一段階なにかしらのバックアップ装置が欲しくなりますね。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です