続:ネットワークハードディスク「LS420D」シリーズを設定

ls420d-sharefolder

ネットワークハードディスク、NASを購入しました。購入したのは「BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402」という製品です。

前回はネットワークとRAIDの設定を変更しました。RAIDは「RAID 1」ミラーリング設定を行ったのですが、RAID構築に994分もの時間が必要だということが判明し、仮置きでケーブル類が部屋に散らばったまま放置することになりました。

ネットワークハードディスク「LS420D」シリーズを設定した
ネットワークハードディスク、NASを購入しました。購入したのは「BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402」という製品です、と紹介し箱を開け電源を入れるところで前回は終わってしまいました。 今日は初期設定を始めてみ...

今回は共有フォルダの作成を行いたいと思います。

スポンサーリンク

「LS420D0402」の共有フォルダ作成

ちなみにRAID構築中でも、電源を切れないこと以外は設定やデータ保存などの作業が可能となっています。

Webブラウザから設定します

「LS420D」へ設定したIPアドレスにブラウザでアクセスすると、設定画面が表示されます。詳細設定から「共有フォルダー」を押し、次の画面へ進みます。

現在登録されている共有フォルダが表示されています。「info」は元々から存在するもので、製品情報のPDFが保存されています。削除することは出来ませんが、見えなくすることは可能です。

まずは「共有フォルダーの作成」を押して、フォルダを作成してみましょう。

「共有フォルダー設定」画面が表示されます。必須項目なのは「共有フォルダー名」だけですが、プロトコルなど必要に応じて設定していきます。我が家はWindows PCしかありませんので、「SMB」だけを有効にしてそれ以外はデフォルト設定のままで運用します。

ユーザごとのアクセス制限も設定予定がないので、「無効にする」のままにしています。ユーザ別に権限設定をしたい場合は先に「ユーザー」や「グループ」といった設定を行う必要があります。

「ごみ箱」は無効にすると削除したファイルは元に戻せません(Windowsのごみ箱には入りません)。「ごみ箱」を有効にするとファイル削除時に「trashbox」というフォルダに移動されるので、誤って削除しても元に戻すことが可能です。

ただし「trashbox」はたまる一方で自動的に削除はされません。定期的に削除を行わないと、無駄な容量を使用することになってしまうので注意が必要です。

ls420d-26

このように簡単に共有フォルダーが作成完了です。

「NAS Navigator2」を起動し、「LS420D」を右クリックしたメニューにある「共有フォルダーを開く」を押すと、作成したフォルダがみられるようになっています。

また、右クリックメニューの「ショートカットの作成」を押すと、デスクトップに共有フォルダーのショートカットが作成されるので、わざわざ「NAS Navigator2」を起動する必要がなくなります。

ここまでのまとめ

特に大きな迷いもなく簡単に共有フォルダの作成が完了しました。

これだけでも運用は十分可能だと思われますが、夜間などに自動で電源を切る機能、時刻を正確な時間に合わせる機能がついているようなので、次回にその設定をしてみたいと思います。

続々:ネットワークハードディスク「LS420D」シリーズを設定
ネットワークハードディスク、NASを購入しました。購入したのは「BUFFALO リンクステーション RAID機能搭載 ネットワーク対応HDD 4TB LS420D0402」という製品です。 前回は共有フォルダを作成しています。我が家ではWindowsPCからのみ共有フォルダへアクセスで...

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です