私のペットを助けてください。もしものときの意思表示カード

pets-at-home-card

家族の一員であるペットとは長く一緒にいたいものです。

ペット可のマンションが増えたことなどもあり、一人暮らしの方でもペットを飼う人は増えているのではないでしょうか。

ペットを飼っていた一人として、万が一、飼い主が交通事故に巻き込まれてしまったときに、ペットの世話は誰がするのだろうか、ということを考えない訳にはいきません。

飼い主は病院で手厚い看護を受けられたとしても、ペットは訳もわからず放ったらかしというのは何としても避けたいところだと思いませんか。

そんな万が一に備えて「大切なペットの為の意思表示カード」というものがあるようです。

「Big Tree for Animals」ペットの為の意思表示カード!

スポンサーリンク

大切なペットの為の意思表示カード

「大切なペットの為の意思表示カード」は、飼い主に万が一の事態が発生した場合に備えて、信頼できる家族や友人などの連絡先を記入しておくことで、ペットの命を守ろうというものです。

このカードに、信頼できる家族やお友達の名前と電話番号を記入しておけば、皆さんのお財布から身分の証明を探されるであろう救急隊員、医療関係者又は警察の方がカードに書かれている方に連絡できる様になっています。震災でも沢山の動物達が餓死しました。餓死は長く、苦しい苦痛が伴います。突然の飼い主さんの事故によって、誰にもその存在に気づかれず、餓死してしまう動物がいなくなる事を願います。

「Big Tree for Animals」ペットの為の意思表示カード!

たとえ飼い主に命の別状がなかったとしても、交通事故などで意識を失ってしまったり、大けがを負ってしまうことで自宅に帰れなくなる事態は起こりうるものです。

元気になって自宅に帰ったら、やつれてしまったペットを見る、なんてことがないように保険をかけておきたいと思いませんか。

また、あなたの命にかかわる事態になってしまった場合、引き取り手がいないがために保健所に送られてしまう、ということを避けるためにも、飼い主ひとりひとりが考えていただきたいと願います。

petid-color-2-sided-dog

もしもの場合に備えて

ペットとともに楽しく過ごすのは至福のひとときです。でも、もしもに備えて「大切なペットの為の意思表示カード」を所持しておくことは、飼い主としても必要な手段ではないでしょうか。

また出来るのであれば、両親や家族や友人、信頼のおける近隣の方などにもあらかじめ意思を伝えておくことが重要だと思います。

ペットは愛玩動物、などと言われますがおもちゃやぬいぐるみではありません。飼い主は保護責任者として一緒にいるときはもちろん、もしもに備えた対応もしておくことが何よりも愛するペットの為ではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です