自作キッズスマホを中古スマホと格安SIM・専用アプリで実現

smartphone-kids

スマートフォンは大人だけでなく、「キッズスマホ」として子供たちにも浸透しています。

スマホを頑なに「持たせない」というのではなく、子供が安心・安全に使えるようにし、親が利用状況を適切に管理できる状態にして「持たせる」という動きが広まっています。

「キッズスマホ」はドコモやau、ソフトバンクから発売されており、アプリの利用制限、ウェブサイトへのアクセス管理機能、位置情報の通知などの機能を備えています。

しかし、「キッズスマホ」を新たに購入しなくても、同等の機能を持つスマホを自分で作ることも可能で、既製品に比べて低コストで運用できる可能性もあります。

「自作キッズスマホ」に必要なものは、「中古・旧型の本体」「格安SIM」「専用アプリ」のたった3つです。

スポンサーリンク

「自作キッズスマホ」に必要なもの

「中古・旧型の本体」

Android OSを搭載したスマホ本体が必要となりますが、最新の高性能スペックなスマホを用意する必要はなく、LTEに対応していて、一般的なアプリが動作するスペックであれば十分です。

親が機種変更をして手元に残った旧型の機種や、中古の型落ちスマホで問題ありません。

「格安SIM」

格安SIMはまず使用する本体によって用意するものが異なります。

本体がNTTドコモか、SIMフリーであれば格安SIMはドコモ系のものを使用し、auの本体であれば、au系の格安SIMを選択する必要があります。

音声通話とデータ容量によってさまざまなプランが選択できるようになっていますが、電話機能がIP電話で問題ないと考えるのならば、データ専用SIMカードの安価なプランにすることで、運用コストを抑えられます。

「専用アプリ」

「自作キッズスマホ」では、専用アプリを活用することで、子供にとって有害なアプリやウェブサイトへのアクセスを制限したり、利用時間を管理していきます。

必要な機能をアプリやサービスを組み合わせて、ご家庭の状況にあわせた「キッズスマホ」にすることが可能です。

キッズスマホに必要と考えられる機能は次の通りです。

  • 通話利用の制限
  • アプリの利用制限
  • 有害ウェブサイトのブロック
  • 決済、課金の禁止
  • 利用時間の制限
  • 位置情報の検索、通知
  • 利用履歴の確認

キッズスマホを管理するアプリは、機能にあわせてアプリを選ぶ必要があります。

スマモリ

ワイエスシーインターナショナルが提供している「スマモリ」は、月額税込400円で利用することが出来ます。

  • アプリの利用制限
  • 有害ウェブサイトのブロック
  • 決済、課金の禁止
  • 利用時間の制限
  • 位置情報の検索、通知
  • 利用履歴の確認

スマホのアプリ利用状況や、ウェブサイトへのアクセスなど複数の機能を制限できるアプリ。利用履歴の詳細や、位置情報などを、別のスマホやパソコン遠隔で確認できる機能は便利です。

スマホを使えない時間を平日・土日ごとに1時間単位で設定したり、ネットでの決済やアプリ内課金を制限する機能もあり。

ただし、通話の制限や独自ホーム画面の機能はなく、必要ならば別のアプリで補う必要があります。

まもるゾウ

アクシードが提供している「まもるゾウ」は、無料で利用することが出来ます。

  • 通話利用の制限
  • アプリの利用制限
  • 利用時間の制限

アプリやスマホの利用時間制限といった基本機能に加えて、通話を制限する機能を備えています。発信先や着信先を電話帳から指定し限定できることや、通話時間の上限も設定でき便利です。

Yahoo!あんしんねっと

Yahooが提供している「あんしんねっと」は、無料で利用することが出来ます。

  • 有害ウェブサイトのブロック

ウェブサイトへのアクセス管理・制限を「小学生以下」、「中学生」、「高校生」、「無制限」の年齢に応じて行える、定評のある無料ブラウザアプリです。

既製品のキッズスマホ

既存のキッズスマホにも格安化の流れはあり、端末価格など納得できるのであれば選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

PandA KIDs

フリービットから発売されている「PandA KIDs」は端末代が一括2万4000円、通信費は月額1000円からとなっており、ゲームアプリは1日1時間まで、深夜まで熱中しがちなメッセージアプリは夜9時まで、といった制限が可能です。

その他、キッズスマホに必要な機能を備えており、独自のホーム画面でスマホの利用を制限できます。また、画面に強制的に伝言を表示できる機能や、子供が欲しいアプリを「おねだり」し、親がプレゼントするユニークな機能も備えています。

PolaSma

クロスシンクマーケティングから発売されている「PolaSma」は実売価格が約3万円となっており、別途格安SIMを用意する必要があります。

SIMカードスロットは、2つ用意されていることで音声通話用・データ通信用と、それぞれプランの安い物を組み合わせて使用することも可能となっています。

通話やアプリの利用制限などキッズスマホの一通りの機能を備えています。

スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です